投資

VOOとは?180万円の運用実績を公開【メリット・デメリット解説】

【株初心者おすすめ米国ETF】VOOとは?180万円の運用実績を公開
VOOについて
知りたい人

VOOって良く聞くけど運用実績ってどうなの?

こんな悩みに答えます。

こんな方に読んでほしい
  • VOO投資実績が気になる方
  • 米国ETFのおすすめが知りたい方
  • 初めて買う銘柄に悩んでいる方

この記事を書いている人

資産運用を始めて2年目、現在の金融資産が1,000万円を超えた30代サラリーマンです。目標は40歳、総資産5,000万円持ってセミリタイア。

では、説明していきます。

VOOとは?【米国株:バンガード・S&P500ETFがオススメな理由】

米国有名企業に、簡単に投資できる金融商品です。

こんな感じです。

米国に上場している4,000銘柄の中から4点に注目

  • 安定
  • 大型
  • 優良企業
  • 500銘柄

経済の中心であるアメリカの中で、さらに一定の基準を満たした銘柄に絞って投資がができます。

一定の条件とは、以下のとおり。

  • 米国企業
  • 時価総額が53億ドル以上
  • 市場で自由に売買できる株が50%以上
  • 創業者や政府が保有している割合が50%より低い
  • 1年間、連続で黒字の利益を維持

VOOとは、この条件を満たした500銘柄に自動で投資できるため、投資初心者にとってオススメの投資先です。

【運用実績】VOOへ180万円投資した結果

VOO運用実績は、+21万円(運用利回り:+11%)。

  • 投資元本 :1,839,893円
  • 評価額  :2,057,190円
  • 評価損益 :+217,297円
  • 運用利回り:+11.81%

VOOの運用期間、毎月の投資金額はこんな感じです。

以下のとおり。

運用期間

  • 2020年5月~2020年12月

毎月の投資金額

  • 15万円以上

VOOには、2020年の5月から投資を始めたため、投資時期が良かったこともありますが、7カ月で+11%の利回りとなったのは驚きです。

購入してみたい方は私も使用している楽天証券がオススメです。

公式サイト >>楽天証券

楽天経済圏の住人ならコレ一択!

実績も公開中!

そんなVOOですが、投資先に選ぶにはメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

VOOのデメリットは2つ【注意してほしい】

非常に優秀な投資先ですが、VOOにもデメリットがあります。

以下のとおり。

  • 1株あたりが高い
  • 米国大型株に集中投資

少し、深堀していきます。

1株あたりが高い【投資するハードルが高い】

株価が高いことによって、2つ障害があります。

以下のとおり。

  • 株初心者には資金が用意しにくい
  • 配当金での再投資がしにくい

この2つは資産形成する上で、大きなハードルです。

2021年1月現在のVOOの株価は、こんな感じです。

3万円以上

正確には、343$以上。

特に投資初心者には高額と感じるため、投資しにくいです。

また、投資すると年4回の配当金がもらえます。問題が1つ。

配当金での再投資が難しい

ただ、この2点のデメリットは対策することができます。

対策は、以下のとおり。

投資信託で購入

投資信託では、細かな調整が可能です。

申込単位

  • 100円以上から購入可能
  • 1円単位で調整可能

私自身ETFで購入していましたが、2021年1月から投資信託に切り替えます。

以下のとおり。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

結論:1株あたりが高いと感じた場合は、投資信託の購入で解決。

米国大型株に集中投資【リスクが高まる】

資金を集中させてしまっていること。

そして、一番の懸念点があります。

以下のとおり。

現在は米国1強だが、今後も同じか分からない。

もし、米国株が大暴落したり、米国株以外にリターンの高い国が出た場合は損失が大きく、恩恵を受けられません。

私の考えや対策案は、こんな感じです。

  • 米国株が暴落時した場合、全ての株価が下がる
  • 全世界に投資できる銘柄も購入

メインはVOOに投資していますが、サブで全世界株式に投資できる銘柄に約2万円ほど毎月積み立てています。

少しでもリスク分散したい方には、ETFのVTがオススメです。

VTの特徴は、こんな感じです。

約47ヵ国の大型・中型・小型株約8,000銘柄に投資できる

結論:リスク分散したい場合は、サブで全世界投資することで解決。

VOOのメリットは3つ【初心者おすすめETF】

VOOは、初心者におすすめできる米国ETFです。

以下のとおり。

  • 右肩上がりのチャート
  • 経費率が低い
  • 配当金も大きい

深堀していきます。

VOOのチャート【きれいな右肩上がり】

VOOは右肩上がりに成長しています。

引用元:https://jp.tradingview.com/symbols/AMEX-VOO/

そして、トータル・リターン。

以下のとおり。

トータル・リターン

  • 設定来:15%
  • 5年:15%
  • 3年:14%
  • 1年:18%

今後も同じようなリターンが期待できるため、投資候補として考えてみるのがオススメです。

経費率が低い

経費率は、資産を拡大させる上で重要なポイントです。

VOOの経費率です。

経費率:0.03%

例えば、100万円投資した場合の年間経費を計算します。

以下のとおり。

100万円を投資した場合

年間:300円の経費

銘柄選定は、少し面倒です。さらに、知識も必要です。

しかし、ETFでの購入なら、年間たった300円ですべてを管理。

自動で銘柄の選定や入れ替えを行ってくれます。

配当金も大きい

株価の上昇による利益だけではありません。VOOからは配当も、もらえます。

以下のとおり。

直近配当利回り:1.61%

株の売却による利益はもちろん、配当も期待できるので、配当目当てとしても優秀な銘柄です。

VOOを買うには以下サイトがオススメです。

  • 楽天証券
  • DMM.com
  • マネックス証券
  • SBI証券

公式サイト >> 楽天証券

楽天経済圏の住人ならコレ一択!

公式サイト >> DMM.com証券

投資初心者にオススメ!

公式サイト >>SBI証券

唯一!VOO自動購入の設定可能

公式サイト >> マネックス証券

米国株の取扱銘柄が最大級!

まとめ【VOO!運用成績からみる米国ETFおすすめ銘柄】

今回はVOOとは?180万円の運用成績を公開【メリット・デメリット解説】について紹介しました。

VOOとは?

厳しい条件を満たした500銘柄に自動で投資できるため、投資初心者にこそ、オススメの投資先です。

ただし、デメリットもあり。しかし、対策すると問題なくなります。

デメリット

  • 1株あたりが高い
  • 米国大型株に集中投資

対策すると、問題なし。

  • 投資信託で購入
  • サブで全世界式インデックス・ファンドを購入

そして、メリット。

メリット

  • 右肩上がりのチャート
  • 経費率が低い
  • 配当金も大きい

以上のことから、2021年から私は投資信託で月16万円積立予定です。

公式サイト >> 楽天証券

楽天経済圏の住人ならコレ一択!

公式サイト >> DMM.com証券

投資初心者にオススメ!

公式サイト >>SBI証券

唯一!VOO自動購入の設定可能

公式サイト >> マネックス証券

米国株の取扱銘柄が最大級!

ABOUT ME
ショウ
残業時間が月80時間以上のサラリーマンがセミリタイアを目指して、ブログ運営、投資、節約に奮闘しています。 ここ最近は、心理学関係や身だしなみについて書かれた本を読むのにハマっています!