投資

FIREを目指す人がポートフォリオに組入します。【米国債券ETF:AGG】

【米国債券ETF:AGG】FIREを目指す人がポートフォリオに組入します。
ポートフォリオ
悩む人

大事なお金を安全に運用して増やしたいな。

こんな悩みに答えます。

こんな方に読んでほしい
  • FIREを目指す人のポートフォリオが気になる方
  • 安全に資産運用をしたい方
  • セミリタイアを目指している方
  • 投資額と現金の比率が気になる方

この記事を書いている人

資産運用を始めて3年目、金融資産が1,000万円を超えた30代サラリーマンです。目標は40歳、総資産5,000万円でFIREセミリタイア

▼この記事の動画版はこちら▼

流し聞きで安全に資産運用できる米国債券ETF:AGGFIREを目指す人のポートフォリオについて学べます。

FIREを目指す人のポートフォリオ【1日の変動額が50万円以上に】

ポートフォリオ

FIREを目指す私のポートフォリオの特徴は、総資産の80%を株式へ投資している点です。

その結果、1日の変動額が50万円以上になる日も。

リスクを取りすぎと判断し、今後は債権を混ぜる予定です。

現在のポートフォリオ【株式80%以上:リスク大】

現在のポートフォリオはこんな感じ。

グラフからわかるように、総資産額の多くを株式に投資しています。

  • 総資産額の80%以上が株式
  • 現金保有率は約17%

2020年11月時点の実績公開中。なんと、先月比130万円のプラスに!

2020年12月の総資産を公開中!現在の保有銘柄紹介も。

これは、リスクを取って資産増加スピードを速めたいためです。

なぜ、リスクを取っているか。

下記のとおり。

  • リスク許容度が高い
  • 40代でFIREしたい

「リスク許容度の高さ」と「40代までに資産を積み上げたい」という目標があるため最大限までリスクを取って運用しています。

リスクはどこまで取る?【FIRE達成に向けて】

結論、人によります。

リスク許容度の高さは下記の項目から判断できます。

  • 年齢
  • 家族構成
  • 投資経験
  • 性格
  • 損失を抱えた時の気持ち

大体は、こんな要素から判断します。

私の場合は、下記のとおり。

  • 年齢:30代
  • 家族構成:独身
  • 投資経験:積立2年、個別銘柄への投資1年
  • 性格:心配性
  • 損失を抱えた時の気持ち:不安

最近まではリスク許容度が高い方だと思っていましたが、実際は違いました。

損失額が大きくなると不安になり、株価が気になってしまうからです。

【FIREを目指せるポートフォリオを考える】株だけの資産運用はリスク大

株だけの資産運用はリスク大です

先日、こんなツイートをしました。

米国大統領選の影響などもあり、株価が乱高下したためです。

株の乱高下で1日の変動額は50万円以上に【ポートフォリオを考え直すキッカケ】

投資額が増えると、1日の変動額が激しい。

株の売買なしで。

11/8と11/11時点での総資産額をスクショしたものです。

1日で50万円以上プラスになったり、30万円近くもマイナスになっています。

さすがに株価が気になる。

普段、株に関して心がけていることがります。
下記のとおり。

  • 時間を掛けない
  • 保有株の株価が上がっても下がっても気にしない

しかし、株の乱高下、投資額が1,000万円を超えてきてからは『さすがに気になる』、が正直なところです。

仕事中にも株価が気になる原因【偏ったポートフォリオ】

結論、リスクの取りすぎ。

私自身の性格、「マイナスになると不安」「心配性」ということもあり、仕事中にも株価が気になり始めました。

『これはマズイ』と思い、対策していきます!

対策は下記のとおり。

米国総合債券ETFポートフォリオに組入

次は債権の役割について説明します。

債権(AGG/BND)をクッションに【株価暴落時の対策でポートフォリオに組入】

債権をポートフォリオに組入しようと思った理由は【暴落時の対策】です。

FIRE後のリスク許容度は低い

目標の1つである、『FIRE、セミリタイアした後』を考えると安全資産に移していく必要があります。

理由は下記のとおり。

  • 収入が激減する
  • 今より年齢が上がっている
  • 安定収入がない

長期的に見れば株式の方がリターンは高くなりますが、値動きが激しいので投資期間が短くなるにつれ、債券のような安全資産が優位になります。

ポートフォリオ
悩む人

債券って何に投資すればいいの?

こんな悩みについては、ポートフォリオに米国総合債券ETFを組み入れするのがオススメです。

深堀していきます。

米国総合債券ETF【AGG・BND】を組み入れたポートフォリオへ

米国総合債券ETF、これは信用度の高い米国債券を、まるっと購入できるETFです。

米国総合債券ETFは投資適格債券のみで構成

投資適格債券

元金・利子の支払いが確実に見込まれる信用力の高い債券で、格付けの最上位AAA(トリプルA)~BBB(トリプルB)までの債券で構成。

具体的な銘柄では、AGGとBNDがあります。

AGGとBNDはどっちが良い?

結論、大差ないので、お好みで。

これだけでは味気ないので、選ぶ基準となりそうなものを比べてみました。
下記のとおり。

信用格付け

  • AGGの方が信用格付け最上位の『AAA』率が若干高い
  • AGG優位(とはいえ、2つとも『AAA』が7割以上)

経費率

  • AGG:0.04%、BND:0.035%
  • BND優位(ほぼ同じ)

トータルリターン(設定来)

  • AGG:4.22%、BND:4.40%
  • BND優位(ほぼ同じ)

分配利回り
直近比較 参照元:Bloomberg

  • AGG:1.95%、BND:2.05%
  • BND優位(ほぼ同じ)

このように、大差ありません。

どちらを買うかというと、
私の判断は、AGGを購入していこうと考えています。

ポートフォリオに【AGG】組み入れ理由

理由は信用格付け『最上位AAA率が高い』ためです。

債券には安定感を求めたいため、今後も同じ動きをするとも限りません。
より安全な資産運用を目的としたいと考えています。

そのためには、条件があります。

  • 信用格付け最上位のAAAの割合が高い
  • 投資適格債券の中で最下位のBBB率が低い

上記のとおり。

ローリスクで資産運用をしたい方はポートフォリオにAGGを追加してみてみるのがオススメです。

まとめ【FIREを目指す人のポートフォリオに債権を混ぜます。】

今回は【米国債券ETF:AGG】FIREを目指す人がポートフォリオに組入します。について紹介しました。

  • FIREを目指す人のポートフォリオ
    【1日の変動額が50万円以上に・・・】
  • 株だけの資産運用はリスク大です。
  • 債権をクッションに【株価暴落時の対策】

米国総合債券ETF【AGG】のまとめ【FIREを目指す人には重要】

よりローリスクで資産運用したい方向け!

  • 株式に比べ値動きがマイルド(平均±3%以内)
  • 2020年3月の大暴落時でも『-3.7%』
  • 年率、2%程度の分配金もあり
ABOUT ME
ショウ
残業時間が月80時間以上のサラリーマンがセミリタイアを目指して、ブログ運営、投資、節約に奮闘しています。 ここ最近は、心理学関係や身だしなみについて書かれた本を読むのにハマっています!